【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

2017年01月21日

【マラソンに挑戦したい】ハーフマラソンに、フルマラソンに練習を

ランニング、マラソンが健康のためブームからすっかり定着していますが
走り方、トレーニングなどで悩みはありませんか?

フルマラソンに挑戦したい
まずは、ハーフマラソンから挑戦したいと

考えている方に

今の走り方やトレーニングは、本当に効果的だろうか…

もしかすると、このように思われているかも知れません。

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

あなたは、どうすれば膝が痛くならないで、マラソンが速くなれると思いますか?
ランナーとしての理想的な身体の使い方はご存知でしょうか?

走り込みで『下半身を鍛える』 『ひたすら量をこなし反復練習をする』

いいえ…これだけでは、

決して、良いランナーにはなれません。


このような練習は、
私から言わせれば数世代前の練習といわざるを得ません。

「じゃぁ、一体、どんな練習をすれば…?」

はじめまして、 渡邉高博と申します。

私は現役時代400mのオリンピックに出場し、
現在は早稲田大学の陸上部でコーチとして数々のランナーを指導しています。

エネルギー効率がよく、速く走れるフォームは、短距離も長距離も原理は同じです。

私は独自の検証した原理を用いて数々の市民ランナーに走法を教えています。

実は、レース中の膝の痛みを短期間で解消させることは簡単なんです。
目指す走りを手に入れるのも、決して難しくはありません。

これからフルマラソンに挑戦したいと

ハーフマラソンに挑戦したいと思っている方に

走り方、トレーニング方法を間違って欲しくありません。


このレッスンでは、膝の痛みなく走れる人 全てに共通している

『 体の使い方 』
『 足の運び方 』
『 トレーニングの方法 』
『 無駄な労力を使わないフォーム 』
『 ジャンプの動作からランニングへの移行方法 』
『 肩甲帯を動かす方法』

など、これ以外にも膝の痛みなく走れる為に必要な全てを、

このプログラムで強化&改善します
これは今の『才能』や『センス』と全く関係ありません。

私がこれまで30年間以上現場で陸上に関わり、レッスンで指導してきた経験から

『子供から社会人、高齢者』まで、
誰が実践しても総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容にしています。

もう一度言います。

実践すれば、飛躍的に結果が出ます。

また、体力や多くの時間を必要とする練習法ではないので
限られた時間しかとれない、社会人や高齢者の方もとりくむことができます。

むしろ、そういった人の為にメニューを組んでいるので、
100%安心して取り組んでください。

効果的な3つのステップとは??

「とても辛いトレーニングじゃないんですか?」
「学生の部活のようなキツイ練習が必要なのでは?」
「ある程度 走れる人でないと無理だろう」

ご安心ください。とても簡単で、誰にでも、一人でもできます。
決して『無謀な辛いトレーニング』ではありません。

実は、大きく別けて、膝の痛みを無くすマラソンの効果的な練習は、
たった3つのことを意識しながら練習するだけなんですよ。

マラソンセンス

効果的な身体の使い方

自己修正して上達していける知識

を手に入れるためには、この3つを意識して練習することが大前提になります。

「本当に、誰でも膝の痛みが解消するんでしょうか…?」

ほとんどの方は少なからずともそのような心配をされていますが、
私が指導した方々は、100%解消しています。

誰が実践しても、このプログラムは 『レース中の膝の痛み解消』だけではなく
『マラソンタイムの向上』になることもできます。

あなたが、

レース中の膝の痛み解消したい
マラソンタイムを向上したい
少ない時間で効果的に練習したい、
効果的なトレーニングをしたい

と考えているなら、このプログラムは、あなたにとって、とても重要なものになります。

あなたが、今抱えている悩みが全てなくなることを保証します。


マラソンを、走る事をランニングを
もっと楽しんでもらいたい

私は、これまで、ランナーの膝の痛みに悩む、数え切れないほどの人達に、走り方を指導して来ました。
みなさん、あなたと同じ悩みを抱えていらっしゃいました。

そして、何を隠そう、私自身、順風満帆に競技者として成功したわけではありません。
だからこそ、私はあなたの悩みを、まるで、自分のことのように感じることができます。
私は、小学校から、41歳の現在まで、ずっと陸上を続けています。

実は、私は小さい頃は、ずば抜けて足が速いわけではありませんでした。

怪我も多く、足も速くない選手が陸上の世界でやっていくのは とても辛かったです。

昔はガムシャラに走りこみをこなす練習もしていました。

その結果、ある程度の結果は出ましたが、体を痛めて しまうことも多かったです。

でも、何とか速くなりたくて、顔を真っ赤にしながら、無茶な走りこみに取り組んだこともありました。
でも、どれだけ頑張っても、思うように走れない。

さらに、無理をし過ぎて、膝や腱を痛めてしまう…。
生まれつき体が丈夫な人のことを、私はとてもうらやましく思いました。

何もしなくても、人よりも速く走れてしまう、彼らを、とてもうらやましく思いました。
そういった経験を乗り越え、もう、30年以上も陸上をしているわけですが、
当然、今の私は、普通の人よりも、かなり丈夫な体をもっています。

でも、その理由は、無茶な練習を繰り返したからではありません。

結論から言います。

あなたが思っているようなムリをしなくても、膝の痛みを無くしながら走ることができます。

これは、私が、現在も早稲田大学で陸上のコーチでいられる理由でもあるのですが、
毎日たくさん痛い思いをしなければ、丈夫な体が作れない、といったことはありません。
あなたがどれだけ膝が弱くても、関係ありません。

私が、30年間以上、自分の体を実験台にし続け、そして、マラソンレース中の膝の痛みに悩む、
数え切れないほどの人達を助けて来た経験から、これは明らかな事実です。

私が、人生を懸けて考えてきた「膝サポート走行」に取り組めば、
あなたは痛い思いをせずに、そしてスピーディに、今まで体験したことの無いような「走り方」を身に付けることができます。
ちなみに、この走り方は、既に5000人以上の人が、その効果を実感しています。

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

レース中の膝の痛みに苦しむランナーが、
あっという間に痛みが和らいだ重心の使い方とは?
年齢も性別も、体のタイプも違う6名の一般人を、みるみるうちに膝の痛みを解消した方法をお教えします。

なぜ、どこも治療しなくても、体に負担をかけずに速く走れるようになってしまうのか?
信じられないかもしれませんが、骨盤の意識を少し変えるだけで、体を軽くする方法があります。
何か体に重みを感じているのであれば、ランニング前に試すと良い効果が得られるでしょう…
posted by 膝の痛み at 04:48| 山梨 ☁| 膝サポート走法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【マラソンの走り方は?】トレーニングや練習を正しい効率いい方法が

マラソンに参加したい、ハーフマラソンに参加してみたい
そのための、走り方、練習方法ってどうすればいいの??

トレーニングにより、練習により
楽しいマラソン、惨めなマラソンになりますから

効果的な練習方法を知っているのと知らないのとでは、あなた、
の今後のランナー人生が大きく違ってくると言っても過言ではないと思います。

一番大切なことは、なるべく早くから効果的な指導を受けることです。
よく考えないまま、無理にトレーニングを続けても、効果が思うように出ないだけであればよいですが、
より膝を痛めてしまう可能性もあります。

私は現在まで、当若男女問わず、色々な人たちの指導をしてきた経験から、
マラソンで陥る問題はほとんど全て把握しています。


今までの研究と指導経験があるからこそ、
あなたの問題を解決することができる自信を持っています。

この「練習方法」で、実際に高い効果がでることは既に証明されているので、
悩んでいる方は、ぜひ実践することをお勧めします。

レース中の膝の痛みをかかえた多くのランナーが、
解消し、安定した走法ができるようになってはじめて、
マラソンが本当に楽しいと言っていますし、

みんな生き生きと走っています。

マラソン大会で自分の思い通りの走りをし、マラソンを楽しみ、そして良い結果も出す。

これは、味わった人にしか分からないと思います。

この「膝サポート走法」を、本気で実践すれば、
選手としての総合力がグングン伸び、飛躍的に上達することは保証します。

それでは、大成果のご報告お待ちしております!

提案を受けないと決断された方へ

ここまで、私の話にお付き合い下さって、ありがとうございます。
きっと今回はご縁がなかったのだと思います。

しかし、マラソンを楽しむという気持ち、姿勢は大切に持ち続けてください。

その気持ちを、持ち続けることができれば・・・
きっと、あなたは、大きな飛躍と結果を手に入れることができるはずです。

元・オリンピック出場選手 現・早稲田大学 陸上トレーナー
渡邉高博

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

初心者が自己流の走りから抜け出す方法とは?
初心者が走り方を直すと、これまでの動きの癖と修正しようとする動きの
2種類の動きが共存してしまいます。
いずれ新しい動きで追い込むことが出来るようになります。
なおDVDに収録されている内容は、回数を重ね、
走りが身についていくうちに理解も深まっていきます。

40歳以上の方に効果的な体を守りながらランニングする3つの方法
とてもやさしく、簡単な走法ですが、10分あれば、あなたがどれだけ運動不足でも、
体を守りながらランニングする方法が身につきます。

中高年の方に適したフルマラソンの練習方法とは?
40歳以上になると、若い人と同じ練習をしていては駄目です。
この練習方法をすれば、20代30代の若い人にも負けない走りでマラソンを爽快に駆け抜けることができます。若い人を自分の年齢を言って追い抜く事だってできますよ。

これらは全て、あなたが実践できるマラソン練習法の、ほんの一部です。


これは練習メニューに含まれているごく一部です。

もしかしたら、メニューの多さに驚かれているかも知れません。

しかし、安心してください。

自然な流れの中で段階をつけてトレーニングしていきますので、
決して頭がパニックになることはありません。

各トレーニングには段階があり、その1つ1つがしっかりと結果が出るものなので、
どれをとっても大きな効果を実感できると思います。

マラソンに限らずスポーツは楽しむものですよね。

辛い思いをしながら練習するより、
安全で、確実に、しかも楽に結果がでるほうが、
より楽しいですし上達も早い。

膝の痛みで悩んでいるより、グングン力が付いて楽しみに変わったらどうでしょうか…?

あなたがこのトレーニングを実践、
または、これを学び指導することで得られるメリットの一部を書いてみると…

この簡単でシンプルな練習をすることで、マラソンがさらに楽しくなる。
レース中の膝の痛みがなくなり、速く走れてタイムが伸びる。

素晴らしい事ですよね。

そこで、

『レース中の膝の痛みを無くしたい!』
『これが効率的な練習だ!と自信を持って実践したい』
『マラソンのタイムを伸ばしたい!』

そんなあなたの為に、

【膝サポート走法】を作りました。

この【膝サポート走法】は、
本来、私のレッスン生のみに指導していた内容のものですが、
今回、要望が多いことから、まずは限定(※)で一般公開することにしました。

※私が一人一人、個別サポートするためです。

これは
年少からでも実践でき、マラソンの練習を楽しみながら、
膝の痛みを無くす方法を、
余すことなく詰め込んだマラソン上達プログラムなんです。

このプログラムを始めた人に、よくこんな質問をされます。

「え…?ほんとに、こんな簡単な練習でいいんですか?」

この質問は非常に大切な事ですので、よく覚えておいてください。

実は、効率を突き詰めていくと、非常にシンプルな練習方法になるんですね。
だけども、シンプルだからといって効果がでないというわけではなく、
その取り組み方によって非常に大きな効果をもたらします。

大事なのは、何の練習を何のためにやっているのかを理解し、
効率的、効果的に取り組むことが重要なんです。

トレーニングへの取り組み方が間違っていれば、
いくらコーチの指導している方法でも、

どんなに良い練習でも、
誰よりもキツいトレーニングをこなしても、

思ったように上達が出来なかったり、

コツをつかむのに時間がかかったりと、
本質的な上達はしないんですね。

それは・・・

「ランナーとしての理想」ではないんです。

コーチは、一方的に机上の空論を押しつけるのが仕事ではありません。
各人に合った練習メニューを指導するが仕事です。

現代では、たくさんの練習メニューがあり、教材もたくさん揃っています。

しかしなぜ、思うように走れない人がこんなにも多いのでしょうか?

何度も言うようですが、単に効率的な練習方法をしていないからです。

現在まで、研究、指導してきた経験から言いますと、これは、ほぼ間違いありません。

この上達プログラムを、この機会に実践してみてください。

日頃の練習で取り入れてください。


プログラム通りに実践していただければ、レース中の膝の痛みはなくなり、
マラソンのタイムの飛躍的に伸びます。

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

・マラソンレース中の膝の痛みの心配が無くなり、マラソンが楽しくなる
・思い通りの練習ができて、マラソンのタイムが伸びる
・それにより、サブフォー・サブスリーも達成できるようになる
・20代、30代の若いランナーにも引けをとらない走りができるようになる
・ハムストリングスが痛まなくなる
・フルマラソンを完走できるようになる
・生涯現役でマラソンを楽しむことができる
・疲れにくい、持久力のある体を作ることができる
・体力の限界まで挑戦できる

簡単でシンプルな練習をすることで、マラソンがさらに楽しくなる。
レース中の膝の痛みがなくなり、速く走れてタイムを目指す事ができます。
posted by 膝の痛み at 04:26| 山梨 ☁| 膝サポート走法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【マラソン練習は?】初心者のトレーニングの走り方とは?

マラソンは社会人や高齢者の方もとりくむ事が出来るスポーツです。
マラソンの効果的な練習としては
たった3つのことを意識しながら練習するだけ

・身体の使い方を覚える
・膝が痛む原因を理解する
・膝が痛まない走法を知る

どうでしょうか?
たった3つ。すごく簡単だと思いませんか?

マラソンセンス
効果的な身体の使い方
自己修正して上達していける知識
を手に入れるためには、この3つを意識して練習することが大前提になります。

「本当に、誰でも膝の痛みが解消するんでしょうか…?」

ほとんどの方は少なからずともそのような心配をされていますが、
私が指導した方々は、100%解消しています。

誰が実践しても、このプログラムは 『レース中の膝の痛み解消』だけではなく
『マラソンタイムの向上』になることもできます。

あなたが、
レース中の膝の痛み解消したい
マラソンタイムを向上したい
少ない時間で効果的に練習したい、
効果的なトレーニングをしたい

と考えているなら、このプログラムは、あなたにとって、とても重要なものになります。
あなたが、今抱えている悩みが全てなくなることを保証します。

マラソンを、走る事をもっと楽しんでもらいたい
私は、これまで、ランナーの膝の痛みに悩む、数え切れないほどの人達に、走り方を指導して来ました。
みなさん、あなたと同じ悩みを抱えていらっしゃいました。

そして、何を隠そう、私自身、順風満帆に競技者として成功したわけではありません。
だからこそ、私はあなたの悩みを、まるで、自分のことのように感じることができます。
私は、小学校から、41歳の現在まで、ずっと陸上を続けています。

実は、私は小さい頃は、ずば抜けて足が速いわけではありませんでした。

怪我も多く、足も速くない選手が陸上の世界でやっていくのは とても辛かったです。

昔はガムシャラに走りこみをこなす練習もしていました。

その結果、ある程度の結果は出ましたが、体を痛めて しまうことも多かったです。

でも、何とか速くなりたくて、顔を真っ赤にしながら、無茶な走りこみに取り組んだこともありました。
でも、どれだけ頑張っても、思うように走れない。

さらに、無理をし過ぎて、膝や腱を痛めてしまう…。
生まれつき体が丈夫な人のことを、私はとてもうらやましく思いました。

何もしなくても、人よりも速く走れてしまう、彼らを、とてもうらやましく思いました。
そういった経験を乗り越え、もう、30年以上も陸上をしているわけですが、
当然、今の私は、普通の人よりも、かなり丈夫な体をもっています。

でも、その理由は、無茶な練習を繰り返したからではありません。

結論から言います。

あなたが思っているようなムリをしなくても、膝の痛みを無くしながら走ることができます。

これは、私が、現在も早稲田大学で陸上のコーチでいられる理由でもあるのですが、
毎日たくさん痛い思いをしなければ、丈夫な体が作れない、といったことはありません。
あなたがどれだけ膝が弱くても、関係ありません。

私が、30年間以上、自分の体を実験台にし続け、そして、マラソンレース中の膝の痛みに悩む、
数え切れないほどの人達を助けて来た経験から、これは明らかな事実です。

私が、人生を懸けて考えてきた「膝サポート走行」に取り組めば、
あなたは痛い思いをせずに、そしてスピーディに、今まで体験したことの無いような「走り方」を身に付けることができます。
ちなみに、この走り方は、既に5000人以上の人が、その効果を実感しています。

これらは全て、あなたが実践できるマラソン練習法の、ほんの一部です。


これは練習メニューに含まれているごく一部です。

もしかしたら、メニューの多さに驚かれているかも知れません。

しかし、安心してください。

自然な流れの中で段階をつけてトレーニングしていきますので、
決して頭がパニックになることはありません。

各トレーニングには段階があり、その1つ1つがしっかりと結果が出るものなので、
どれをとっても大きな効果を実感できると思います。

マラソンに限らずスポーツは楽しむものですよね。

辛い思いをしながら練習するより、
安全で、確実に、しかも楽に結果がでるほうが、
より楽しいですし上達も早い。

膝の痛みで悩んでいるより、グングン力が付いて楽しみに変わったらどうでしょうか…?

あなたがこのトレーニングを実践、
または、これを学び指導することで得られるメリットの一部を書いてみると

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜


この簡単でシンプルな練習をすることで、マラソンがさらに楽しくなる。
レース中の膝の痛みがなくなり、速く走れてタイムが伸びる。

素晴らしい事ですよね。

そこで、

『レース中の膝の痛みを無くしたい!』
『これが効率的な練習だ!と自信を持って実践したい』
『マラソンのタイムを伸ばしたい!』

そんなあなたの為に、

【膝サポート走法】を作りました。

この【膝サポート走法】は、
本来、私のレッスン生のみに指導していた内容のものですが、
今回、要望が多いことから、まずは限定(※)で一般公開することにしました。

※私が一人一人、個別サポートするためです。

これは
年少からでも実践でき、マラソンの練習を楽しみながら、
膝の痛みを無くす方法を、
余すことなく詰め込んだ上達プログラムなんです。

このプログラムを始めた人に、よくこんな質問をされます。

「え…?ほんとに、こんな簡単な練習でいいんですか?」

この質問は非常に大切な事ですので、よく覚えておいてください。

実は、効率を突き詰めていくと、非常にシンプルな練習方法になるんですね。
だけども、シンプルだからといって効果がでないというわけではなく、
その取り組み方によって非常に大きな効果をもたらします。

大事なのは、何の練習を何のためにやっているのかを理解し、
効率的、効果的に取り組むことが重要なんです。

トレーニングへの取り組み方が間違っていれば、
いくらコーチの指導している方法でも、

どんなに良い練習でも、
誰よりもキツいトレーニングをこなしても、

思ったように上達が出来なかったり、

コツをつかむのに時間がかかったりと、
本質的な上達はしないんですね。

それは・・・

「ランナーとしての理想」ではないんです。

コーチは、一方的に机上の空論を押しつけるのが仕事ではありません。
各人に合った練習メニューを指導するが仕事です。

現代では、たくさんの練習メニューがあり、教材もたくさん揃っています。

しかしなぜ、思うように走れない人がこんなにも多いのでしょうか?

何度も言うようですが、単に効率的な練習方法をしていないからです。

現在まで、研究、指導してきた経験から言いますと、これは、ほぼ間違いありません。

この上達プログラムを、この機会に実践してみてください。

日頃の練習で取り入れてください。


プログラム通りに実践していただければ、レース中の膝の痛みはなくなり、
マラソンのタイムの飛躍的に伸びます。


これは、言われてすぐに作った練習メニューではなく、

私が、30年間以上、自分の体を実験台にし続け、そして、マラソンレース中の膝の痛みに悩む、
数え切れないほどの人達を助けて来た経験から作られています。


現在、苦しんでいる人たちにとって、


性別や年齢、体力、センス、経験に関係なく、
誰にでも効果が出る練習法です。

マラソンは、ご存じの通り、
日本に止まらず世界で愛され続けているスポーツです。


マラソンを思いっきり楽しめないなんてもったいない!

ましてや、楽しいはずのマラソンが膝が痛い事で、
悩みになっているとしたら残念なことです。

描いている理想の走り、理想のタイムを想像してみてください。

実力を高めれば、マラソンの楽しみが、より一層深く味わえます。

現在、あなたが持っている苦手意識を解き放ち、
自分の目指す走りを手に入れてください。

ただし、お譲りするにあたり、
たった一つだけお約束して頂きたいことがあります。

それは、「この上達プログラムを本気で実践する事」です。

どうでしょうか?

あなたは、このたった一つだけの約束を守れますか?

私は、この理論を作り上げるまでに時間と情熱を惜しみなく注ぎましたし、
常に、効果的・効率的にトレーニングできるよう努力してきました。

一人のマラソンファンとして、練習の楽しさ、
膝の痛みを無くす方法をより多くの人に知ってもらうため、
どんな人にも対応できるよう研究したつもりです。


あなたが今抱えている弱点を克服させるだけではなく、
さらに上の領域の感覚、楽しみを手に入れていただくためです。


同時に、少しでも多くの選手の力になる事が、
私の役目だとも考えています。

ですから、あなたに負担がかからない金額にさせていただきました。

おかげさまで、販売から6ヶ月で品薄状態が続いているDVDは

通常は19,800円ですが、今回はランナー応援キャンペーンとして
16,800円でご提供させて頂きます。

ただし、200セットまでとさせて頂きます。
今までのペースを考えると2ヶ月以内には200セット完売になると思います。
過酷なトレーニングの必要もありません。
ほんの少し、普段の練習メニューの一部を、
私の「膝サポート走法」と差し替えて頂くだけで良いのです。

そうすれば、あなたの膝の痛みが無くなり、
マラソンタイムの向上が望めます。

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

効果的な練習方法を知っているのと知らないのとでは、あなた、
の今後のランナー人生が大きく違ってくると言っても過言ではないと思います。

一番大切なことは、なるべく早くから効果的な指導を受けることです。
よく考えないまま、無理にトレーニングを続けても、効果が思うように出ないだけであればよいですが、
より膝を痛めてしまう可能性もあります。

私は現在まで、当若男女問わず、色々な人たちの指導をしてきた経験から、
マラソンで陥る問題はほとんど全て把握しています。


今までの研究と指導経験があるからこそ、
あなたの問題を解決することができる自信を持っています。

この「練習方法」で、実際に高い効果がでることは既に証明されているので、
悩んでいる方は、ぜひ実践することをお勧めします。

レース中の膝の痛みをかかえた多くのランナーが、
解消し、安定した走法ができるようになってはじめて、
マラソンが本当に楽しいと言っていますし、

みんな生き生きと走っています。

マラソン大会で自分の思い通りの走りをし、マラソンを楽しみ、そして良い結果も出す。
posted by 膝の痛み at 04:19| 山梨 ☁| 膝サポート走法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

体力は残っているのに膝が痛くて走れない

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

体力は残っているのに膝が痛くて走れない

ひざの痛みから解放されて、
フルマラションやジョギングを早く快適に走れるトレーニングがあります

フルマラソン、ランニングを

楽しみながら完走する事ができます
posted by 膝の痛み at 08:06| 山梨 ☀| 楽しみながら完走する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

フルマラソンを速いタイムで完走する人に共通

フルマラソンを速いタイムで完走する人に共通するランニングフォームをお教えします。

フルマラソンを完走している年配ランナーに共通するランニングフォームとは?

ただ闇雲に走りこんだり、練習しても、年配のランナーほど体(とくに膝)を壊してランニングを楽しむことができなくなってしまいます。

膝を守りながら、フルマラソンを速いタイムで完走する人に共通するランニングフォームをお教えします。

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜




マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方
タグ:マラソン
posted by 膝の痛み at 19:28| 山梨 ☀| 膝サポート走法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

どうすれば膝が痛くならないで、マラソンが速くなれる

マラソンが速くなれると思いますか?

あなたは、どうすれば膝が痛くならないで、マラソンが速くなれると思いますか?
ランナーとしての理想的な身体の使い方はご存知でしょうか?




エネルギー効率がよく、速く走れるフォームは、短距離も長距離も原理は同じです。

私は独自の検証した原理を用いて数々の市民ランナーに走法を教えています。


マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方
posted by 膝の痛み at 17:27| 山梨 ☁| 膝サポート走法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

エネルギー効率がよく、速く走れるフォーム

エネルギー効率がよく、速く走れるフォームは、短距離も長距離も原理は同じです。

私は独自の検証した原理を用いて数々の市民ランナーに走法を教えています。

実は、レース中の膝の痛みを短期間で解消させることは簡単なんです。
目指す走りを手に入れるのも、決して難しくはありません。



膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜
マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方
posted by 膝の痛み at 05:27| 山梨 ☔| 膝サポート走法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

ランナーとしての理想的な身体の使い方

膝が痛くならないで、マラソンが速くなれると思いますか?

ランナーとしての理想的な身体の使い方はご存知でしょうか?



膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

走り込みで『下半身を鍛える』 『ひたすら量をこなし反復練習をする』

いいえ…これだけでは、

決して、良いランナーにはなれません。


このような練習は、
私から言わせれば数世代前の練習といわざるを得ません。

「じゃぁ、一体、どんな練習をすれば…?」

エネルギー効率がよく、速く走れるフォームは、短距離も長距離も原理は同じです。

私は独自の検証した原理を用いて数々の市民ランナーに走法を教えています。

実は、レース中の膝の痛みを短期間で解消させることは簡単なんです。
目指す走りを手に入れるのも、決して難しくはありません。


膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜
ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。授業で使える指導法】DVD2枚組

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
posted by 膝の痛み at 05:35| 山梨 ☀| 膝サポート走法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

マラソンが本当に楽しい

マラソン大会で自分の思い通りの走りをし、マラソンを楽しみ、そして良い結果も出す。



■楽しいマラソン、惨めなマラソン・・・

効果的な練習方法を知っているのと知らないのとでは、あなた、
の今後のランナー人生が大きく違ってくると言っても過言ではないと思います。

一番大切なことは、なるべく早くから効果的な指導を受けることです。
よく考えないまま、無理にトレーニングを続けても、効果が思うように出ないだけであればよいですが、
より膝を痛めてしまう可能性もあります。

私は現在まで、当若男女問わず、色々な人たちの指導をしてきた経験から、
マラソンで陥る問題はほとんど全て把握しています。


今までの研究と指導経験があるからこそ、
あなたの問題を解決することができる自信を持っています。

この「練習方法」で、実際に高い効果がでることは既に証明されているので、
悩んでいる方は、ぜひ実践することをお勧めします。

レース中の膝の痛みをかかえた多くのランナーが、
解消し、安定した走法ができるようになってはじめて、
マラソンが本当に楽しいと言っていますし、

みんな生き生きと走っています。

マラソン大会で自分の思い通りの走りをし、マラソンを楽しみ、そして良い結果も出す。

これは、味わった人にしか分からないと思います。

この「膝サポート走法」を、本気で実践すれば、
選手としての総合力がグングン伸び、飛躍的に上達することは保証します。
【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

驚異のマラソン上達法

posted by 膝の痛み at 04:21| 山梨 ☁| 膝サポート走法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方

マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方
私は、これまで、ランナーの膝の痛みに悩む、数え切れないほどの人達に、走り方を指導して来ました。
みなさん、あなたと同じ悩みを抱えていらっしゃいました。





マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方

そして、何を隠そう、私自身、順風満帆に競技者として成功したわけではありません。
だからこそ、私はあなたの悩みを、まるで、自分のことのように感じることができます。
私は、小学校から、41歳の現在まで、ずっと陸上を続けています。

実は、私は小さい頃は、ずば抜けて足が速いわけではありませんでした。

怪我も多く、足も速くない選手が陸上の世界でやっていくのは とても辛かったです。

昔はガムシャラに走りこみをこなす練習もしていました。

その結果、ある程度の結果は出ましたが、体を痛めて しまうことも多かったです。

でも、何とか速くなりたくて、顔を真っ赤にしながら、無茶な走りこみに取り組んだこともありました。
でも、どれだけ頑張っても、思うように走れない。

さらに、無理をし過ぎて、膝や腱を痛めてしまう…。
生まれつき体が丈夫な人のことを、私はとてもうらやましく思いました。

何もしなくても、人よりも速く走れてしまう、彼らを、とてもうらやましく思いました。
そういった経験を乗り越え、もう、30年以上も陸上をしているわけですが、
当然、今の私は、普通の人よりも、かなり丈夫な体をもっています。

でも、その理由は、無茶な練習を繰り返したからではありません。

結論から言います。

あなたが思っているようなムリをしなくても、膝の痛みを無くしながら走ることができます。

これは、私が、現在も早稲田大学で陸上のコーチでいられる理由でもあるのですが、
毎日たくさん痛い思いをしなければ、丈夫な体が作れない、といったことはありません。
あなたがどれだけ膝が弱くても、関係ありません。

私が、30年間以上、自分の体を実験台にし続け、そして、マラソンレース中の膝の痛みに悩む、
数え切れないほどの人達を助けて来た経験から、これは明らかな事実です。

私が、人生を懸けて考えてきた「膝サポート走行」に取り組めば、
あなたは痛い思いをせずに、そしてスピーディに、今まで体験したことの無いような「走り方」を身に付けることができます。
ちなみに、この走り方は、既に5000人以上の人が、その効果を実感しています。

このプログラムの一部をご紹介すると・・・

15分の動作で膝の痛みが和らぐ方法とは?
15分の動作をするだけで、あなたの膝の痛みが信じられないくらい和らぎます。
もちろん、痛い思いをせずに・・・
レース中の膝の痛みに苦しむランナーが、
あっという間に痛みが和らいだ重心の使い方とは?
年齢も性別も、体のタイプも違う6名の一般人を、みるみるうちに膝の痛みを解消した方法をお教えします。
右ひざの外側が痛くなってしまう人の解消法とは?
一般的に人間の身体は歪んでいるものです。その状態で走るということを車に例えると、
事故をおこしてアライメントが崩れてしまっているものを、エンジンをふかして無理やり走ろうとしている状態です。このDVDの中で解消法を解説します。
なぜ、どこも治療しなくても、体に負担をかけずに速く走れるようになってしまうのか?
信じられないかもしれませんが、骨盤の意識を少し変えるだけで、体を軽くする方法があります。
何か体に重みを感じているのであれば、ランニング前に試すと良い効果が得られるでしょう…
40歳以上の方に効果的な体を守りながらランニングする3つの方法
とてもやさしく、簡単な走法ですが、10分あれば、あなたがどれだけ運動不足でも、
体を守りながらランニングする方法が身につきます。
マラソンに必要な最小限の筋トレとは?
筋トレといっても、バーベルを使ったり、マシンを使ったりする必要はありません。
走るために必要な筋力は、走ることに近い動作のなかで鍛えます。
走ることに必要のない筋肉は、マラソンでは重りにしかなりません。
走るための脚筋力を総合的に鍛える方法をお教えします。
ハムストリングスの痛みを解消する走法とは?
脚全体をリラックスさせる動きによって、下半身全体の不具合に対処できます。
ハムストリングスの痛みを解消する走法もお伝えします。
右足首のアキレス健の周囲が痛む解消法とは?
私の勧めるランニングは位置エネルギーを最大限利用して走るもので、
いわゆる脚力に頼るものではありません。アキレス健痛は、
これまで自然についてしまった動きを新しく変える中で、そのしわ寄せがくるかもしれません。
一時的に下肢に痛みが発生するのは、
これまでのコンディションからの脱皮を図るのに、強制的に変化を促すからです。
徐々に理想的な動きが身に付ける方法をお教えします。
初心者が自己流の走りから抜け出す方法とは?
初心者が走り方を直すと、これまでの動きの癖と修正しようとする動きの
2種類の動きが共存してしまいます。
いずれ新しい動きで追い込むことが出来るようになります。
なおDVDに収録されている内容は、回数を重ね、
走りが身についていくうちに理解も深まっていきます。
「え!?これがストレッチ!?」
…47歳男性が、わずか90秒で膝が軽くなった方法とは?
年配の方には多いのですが、このストレッチを試せば、あっという間に、ランニング中の膝の痛みが軽くなります。
フルマラソンを完走している年配ランナーに共通するランニングフォームとは?
ただ闇雲に走りこんだり、練習しても、年配のランナーほど体(とくに膝)を壊してランニングを楽しむことができなくなってしまいます。
膝を守りながら、フルマラソンを速いタイムで感想する人に共通するランニングフォームをお教えします。
サブスリー達成者が、ひそかにやっているランニングフォームとは?
フォームは、なんとなく作っている人が多いのでは無いでしょうか?少し走るだけでしたら、それでも良いのですが、本気でフルマラソンのサブスリーを目指すようでしたら、速いランナーが取り入れているフォームを真似る必要があります。
陸上のコーチとして数々のランナーを指導してきた私が多くの人に汎用性が高いフォームをお教えします。
中高年の方に適したフルマラソンの練習方法とは?
40歳以上になると、若い人と同じ練習をしていては駄目です。
この練習方法をすれば、20代30代の若い人にも負けない走りでマラソンを爽快に駆け抜けることができます。若い人を自分の年齢を言って追い抜く事だってできますよ。
終盤で女性に抜かれない方法
序盤は快走しても、終盤になって女性や自分より上の年齢の人に抜かれてしまうことはありませんか?
そういった方はランニングで自分のペースがつかめていない場合が多いです。
序盤だけでなく、終盤でも爽快な走りができる方法をお話します。
フルマラソンを歩かないで完走するのに必要な条件とは?
せっかく当選したのだから、歩かないで最後まで感想したい!これは誰もが思うことですよね。
膝サポート走法を身につければ、膝の痛みだけでなく、フルマラソンで歩かないで完走できる体も手に入れる事ができます。
疲れにくい体を作る方法とは?
姿勢を整えることを目的としてランニングの取り組めば、ストレスなく筋肉が働き、楽に体が動くようになります。具体的な方法をお話します。
筋肉ではなく、骨盤で走る意味とは?
マラソン大会を見ていると後続ランナーほど筋力を無駄使いしています。
どう無駄かと言うと重力という、常に地球から得ている下向きの力を活用できていません。
「省エネで走る」ためには、重力という下向きの力を着地の際に捨てずに、そのまま蹴りの推進力とする必要があります。 具体的な骨盤を立てる方法をお話します。
レースでよく脚がつる原因とは?
レース中に脚がつる人には特徴があります。
あなたが、もしこの特徴に当てはまってしまっているようなら、すぐに直してください。

これらは全て、あなたが実践できるマラソン練習法の、ほんの一部です。


これは練習メニューに含まれているごく一部です。

もしかしたら、メニューの多さに驚かれているかも知れません。

しかし、安心してください。

自然な流れの中で段階をつけてトレーニングしていきますので、
決して頭がパニックになることはありません。

各トレーニングには段階があり、その1つ1つがしっかりと結果が出るものなので、
どれをとっても大きな効果を実感できると思います。

マラソンに限らずスポーツは楽しむものですよね。

辛い思いをしながら練習するより、
安全で、確実に、しかも楽に結果がでるほうが、
より楽しいですし上達も早い。

膝の痛みで悩んでいるより、グングン力が付いて楽しみに変わったらどうでしょうか…?

あなたがこのトレーニングを実践、
または、これを学び指導することで得られるメリットの一部を書いてみると…

マラソンレース中の膝の痛みの心配が無くなり、マラソンが楽しくなる
思い通りの練習ができて、マラソンのタイムが伸びる
それにより、サブフォー・サブスリーも達成できるようになる
20代、30代の若いランナーにも引けをとらない走りができるようになる
ハムストリングスが痛まなくなる
フルマラソンを完走できるようになる
生涯現役でマラソンを楽しむことができる
疲れにくい、持久力のある体を作ることができる
体力の限界まで挑戦できる

今思いつくだけでも、これだけあります。

この簡単でシンプルな練習をすることで、マラソンがさらに楽しくなる。
レース中の膝の痛みがなくなり、速く走れてタイムが伸びる。

素晴らしい事ですよね。

そこで、

『レース中の膝の痛みを無くしたい!』
『これが効率的な練習だ!と自信を持って実践したい』
『マラソンのタイムを伸ばしたい!』

そんなあなたの為に、

【膝サポート走法】を作りました。

この【膝サポート走法】は、
本来、私のレッスン生のみに指導していた内容のものですが、
今回、要望が多いことから、まずは限定(※)で一般公開することにしました。

※私が一人一人、個別サポートするためです。

これは
年少からでも実践でき、マラソンの練習を楽しみながら、
膝の痛みを無くす方法を、
余すことなく詰め込んだ上達プログラムなんです。

このプログラムを始めた人に、よくこんな質問をされます。

「え…?ほんとに、こんな簡単な練習でいいんですか?」

この質問は非常に大切な事ですので、よく覚えておいてください。

実は、効率を突き詰めていくと、非常にシンプルな練習方法になるんですね。
だけども、シンプルだからといって効果がでないというわけではなく、
その取り組み方によって非常に大きな効果をもたらします。

大事なのは、何の練習を何のためにやっているのかを理解し、
効率的、効果的に取り組むことが重要なんです。

トレーニングへの取り組み方が間違っていれば、
いくらコーチの指導している方法でも、

どんなに良い練習でも、
誰よりもキツいトレーニングをこなしても、

思ったように上達が出来なかったり、

コツをつかむのに時間がかかったりと、
本質的な上達はしないんですね。

それは・・・

「ランナーとしての理想」ではないんです。

コーチは、一方的に机上の空論を押しつけるのが仕事ではありません。
各人に合った練習メニューを指導するが仕事です。

現代では、たくさんの練習メニューがあり、教材もたくさん揃っています。

しかしなぜ、思うように走れない人がこんなにも多いのでしょうか?

何度も言うようですが、単に効率的な練習方法をしていないからです。

現在まで、研究、指導してきた経験から言いますと、これは、ほぼ間違いありません。

この上達プログラムを、この機会に実践してみてください。

日頃の練習で取り入れてください。


プログラム通りに実践していただければ、レース中の膝の痛みはなくなり、
マラソンのタイムの飛躍的に伸びます。


これは、言われてすぐに作った練習メニューではなく、

私が、30年間以上、自分の体を実験台にし続け、そして、マラソンレース中の膝の痛みに悩む、
数え切れないほどの人達を助けて来た経験から作られています。


現在、苦しんでいる人たちにとって、


性別や年齢、体力、センス、経験に関係なく、
誰にでも効果が出る練習法です。

マラソンは、ご存じの通り、
日本に止まらず世界で愛され続けているスポーツです。


マラソンを思いっきり楽しめないなんてもったいない!

ましてや、楽しいはずのマラソンが膝が痛い事で、
悩みになっているとしたら残念なことです。

描いている理想の走り、理想のタイムを想像してみてください。

実力を高めれば、マラソンの楽しみが、より一層深く味わえます。

現在、あなたが持っている苦手意識を解き放ち、
自分の目指す走りを手に入れてください。

ただし、お譲りするにあたり、
たった一つだけお約束して頂きたいことがあります。

それは、「この上達プログラムを本気で実践する事」です。

どうでしょうか?

あなたは、このたった一つだけの約束を守れますか?

私は、この理論を作り上げるまでに時間と情熱を惜しみなく注ぎましたし、
常に、効果的・効率的にトレーニングできるよう努力してきました。

一人のマラソンファンとして、練習の楽しさ、
膝の痛みを無くす方法をより多くの人に知ってもらうため、
どんな人にも対応できるよう研究したつもりです。


あなたが今抱えている弱点を克服させるだけではなく、
さらに上の領域の感覚、楽しみを手に入れていただくためです。


同時に、少しでも多くの選手の力になる事が、
私の役目だとも考えています。

ですから、あなたに負担がかからない金額にさせていただきました。

おかげさまで、販売から6ヶ月で品薄状態が続いているDVDは

通常は19,800円ですが、今回はランナー応援キャンペーンとして
16,800円でご提供させて頂きます。

ただし、200セットまでとさせて頂きます。
今までのペースを考えると2ヶ月以内には200セット完売になると思います。
過酷なトレーニングの必要もありません。
ほんの少し、普段の練習メニューの一部を、
私の「膝サポート走法」と差し替えて頂くだけで良いのです。

そうすれば、あなたの膝の痛みが無くなり、
マラソンタイムの向上が望めます。
【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方

  1. ソフトボール上達指導法
  2. 野球 7日間スラッガー養成プロジェクト
  3. 愛甲猛のバッティング上達指導法
  4. フルマラソンで完走
  5. 初心者でもフルマラソンが完走できる
  6. 水泳スピードアップ・プログラム
  7. ヒップホップダンス指導革命
posted by 膝の痛み at 08:42| 山梨 ☀| 膝サポート走法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事